• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

赤ちゃんが産まれて1年。あっという間に過ぎていくもので、歩き始めるお子さんも多いのではないでしょうか。そんな初めて迎える誕生日にも「お祝い事」があります。
それが「一升餅」と呼ばれるもの。一体、どのような内容のものか?について触れていきましょう。

「一升」と「一生」を掛けた験担ぎ的なお祝い事

一升と言えば、一升瓶など、よく容量を表現するときに用いられる言葉です。例えば、お米一升と言えば、約1.4kgの分量のお米になります。
そして、お餅という存在。今も昔も、縁起の良い食べ物として知られており、様々な場面で、お餅の姿を見ることができます。
例えば、紅白餅だったり、鏡餅だったり。
一般的に、1歳の誕生日を迎えたときに行う祝い事「一升餅」は、一升のもち米を使ってお餅を作り、そのお餅を赤ちゃんに背負わせて歩かせるものになります。加えて、一升に一生を掛けて、赤ちゃんが、この先の人生(一生)が健やかに過ごすよう願うものでもあります。

地域によってやり方が異なるため臨機応変に

先程の説明では「赤ちゃんがお餅を背負って歩く」ということが一般的と伝えましたが、この一升餅というお祝い事は、地域差が非常に大きなものとしても有名です。例えば、某地域では、一升餅の上に立たせてみたり、また違う某地域では赤ちゃんをワザと転ばせたりと。さらに、お餅をぶつけて祝う地域もあります。何だか乱暴なお祝い事と感じてしまいますが、軽くぶつけたり、転ばせたりするだけで、ケガをさせるようなことはしません。
地域差が非常に大きいため、その地域に沿ったお祝い方法で行っていけばよいでしょう。郷に入れば郷に従えという言葉がある通り、臨機応変に対応していきましょう。

もし赤ちゃんがまだ歩けなかった場合は?

1歳の誕生日を迎えたと言っても、全ての赤ちゃんが歩けるわけではありません。「歩けなかった場合はどうすればよいのか?」と気になるところですが、歩けなくても何ら問題ありません。餅を背負わすだけでも十分で、ちょこんとお餅をぶつけるだけでもいい行事です。乱暴な言い方になってしまいますが、一升餅と赤ちゃんが触れあえば「それでよし」というイメージのお祝い事となっています。
また、歩けなくても「勝手に外にでないから安全」という捉え方もあり、願掛けがされるわけです。

おわりに

一升餅というお祝い事を行うご家庭は、年々減ってきていると言われています。確かに赤ちゃんにはほかにも多くのお祝い事がありますが、一升餅は赤ちゃんのためでもありますし、家族のためでもあります。
一升餅は「一生を健やかに」という将来を占うもの。さらに、初めての誕生日でもあるため、何か記念になるようなことをしてあげるのもいいかと思います。

参照リンク

http://www.news24.jp/articles/2011/10/15/07192622.html