• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

赤ちゃんが生まれること自体、めでたいことですよね。
母子ともに健康で、これから待ち受ける明るい未来を親は願うもの。
そして一緒に楽しく人生を歩んでいきたいと思うものです。
ということで、まず生まれてきた赤ちゃんと一緒に祝う行事「お七夜」について触れていきましょう。

まず基本から!お七夜とは何?

お七夜は「おしちや」と読みます。
赤ちゃんが誕生してから7日目の夜、生まれてきた我が子の、健康を願って行うお祝いのことを言います。

また、命名書に赤ちゃんの名前を書いて、お披露目をする日でもあります。
昨今、かなり早い段階から性別が分かることもあり、生まれる前から、名前を付けている人も多いので、何故、お七夜で行うのか?と疑問に感じた方もいらっしゃるかと思います。

この風習は、実は「平安時代」から行われているお祝い事と言われており、この時代、赤ちゃんが7日間、生存する確率が少なかったのです。
したがって、7日目を迎えれば一段落ということで、改めて喜びを分かち合うわけです。
そのときが赤ちゃんに名前を付けてあげるタイミングになるため、このような風習になったのです。
ともあれ、昨今、安全にお産ができるようになっているため、生まれる前から命名書に名前を書いている人も見えます。

もしお祝いをするのであれば事前準備を!

さて、このお七夜、昨今、めっきり行う人が減っています。
理由は単純で、先のような「生存する確率が少ない」というような状況ではなく、7日間過ぎなくとも安心することができるため、このようなお祝い事をしなくなってきたわけです。それでも「両親がやった方がよい」「お祝い事だからやりたい」という人が多いのも確かです。

そこで、このお七夜を行うとなったときに、注意しておきたい点を伝えておきます。
見出しに既に記載されていますが、事前準備をしておくことが重要になります。
特に初めての出産の場合は、なおさらです。

出産は言うまでもなく心身ともに大きな負担をかける、まさに命を賭して挑むわけです。
それが、ものの1週間で回復するわけもなく、とてもじゃないですが、お祝いの料理などを用意することはできません。(ご両親が作ってくれる家族も多いですが)

また、生まれてきた赤ちゃんのお世話も想像を絶する大変さです。
つまり「お祝い事の用意をしている場合ではない!」という状況のため、先に手を打っておかないといけないわけですね。

大々的に行わなくても全く問題はなく…あくまでも内輪で!

ちなみに、お七夜は、大々的に行わなくても問題ありません。
大々的にすればすれほど、赤ちゃんへの負担、お母さんへの負担は大きなものになり、予期せぬ出来事に発展してしまう可能性があります。
ふたりとも、まだまだデリケートな時期のため、不特定多数の人間に逢うことはできるだけ避けなければなりません。(生まれて暫くは外出を避けるほど、デリケートな時期でもあります)

となると、お七夜は、やはり内々で行うのが一般的であり、赤ちゃんのためにもなります。大体が両家のご両親、兄弟ぐらいといったところでしょうか。
中には、両家の両親だけという場合も、非常に多いです。
したがって、内々で楽しく祝って、美味しい食事を頂くということをイメージしてもらえればよいでしょう。

おわりに

お七夜は、赤ちゃんが生まれた日から7日目にお祝いをするものです。
色々と考え方があるかと思いますが、せっかくのお祝い事なので、家族皆で、この喜びを分かち合えるといいですよね。
面倒だったり、大変だったりとありますが、それこそ家族一丸となって協力をしていけばよいでしょう。
ともあれ、「やる」「やらない」は、しっかりと家族で話し合って決めることが大切です。

参照リンク

http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/otheriroha/shussan2/
http://www.isahaya-jinja.jp/%E3%81%8A%E4%B8%83%E5%A4%9C%EF%BC%88%E3%81%8A%E3%81%97%E3%81%A1%E3%82%84%EF%BC%89%EF%BC%9D%E3%80%8C%E5%91%BD%E5%90%8D%E3%81%AE%E5%84%80%E3%80%8D/