• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

赤ちゃんや子供の無病息災などを願って、様々なお祝い事などを行いますよね。お七夜だったり、お宮参りだったり、七五三、初節句、初正月など。これらは、生まれてきた赤ちゃんに対して行うものです。
今回は、まだ産まれる前、まだ見ぬお腹の赤ちゃんに対するお祝い事「帯祝い」について触れていきます。

帯祝いについて知っておこう!

帯祝いとは、妊娠して5ヶ月目の戌の日(いぬのひ)に行われる行事になります。
具体的に何をするのかというと、安産祈願となります。「岩田帯」と呼ばれる腹帯を巻いて、神社でお祈りをするわけですね。
その後、お祝いの食事をすることが一般的な流れです。妊娠して5ヶ月目と言えば、安定期に入り、そろそろ外出もしたくなる時期でもあります。
また、医師からOKが出ればですが、適度な運動もしてもよくなります。つまり、帯祝いをしつつも、妊婦さんの気分転換にもよいため、ぜひともお祝いをしたいところですよね。

さて、そんな帯祝いですが、歴史は非常に古いです。なんと平安時代から続いている風習とされています。正確なところまでは分かっていませんが、古事記にも記載されているため「歴史は古い」とされているわけですね。
それだけ続いているお祝い事となっているため、やはり「効果がある」といえるのかもしれません。

犬にあやかった安産祈願

そもそも、帯祝いが何故、「戌の日」に行われるのか?とご存知ですか?知らなくても良いかもしれませんが、せっかくの機会なので、一読をして頂ければ幸いです。
戌の日とは、言葉通りで犬にあやかった行事になります。何故、犬にあやかるのか?
犬という生き物は、子沢山で有名です。大型犬にもなってくると一度の出産で、7匹8匹を生むような多産。
かつ、お産自体も軽いと言われています。

つまり、多産にも関わらず、お産が軽いということは、安全に出産をすることができるからこそという意味としても捉えることができるわけですね。
結果「私達も」という思いで、神様にお祈りをするわけですね。

また、犬と言えば、邪気を払う動物ということでも有名です。
江戸時代の某将軍のお犬様というわけではありませんが、赤ちゃんに邪気が降りかからないように、守るという意味も込められていると言われています。

帯祝いで使う帯について…自分で買うものなの?

さて、犬にあやかって安産祈願をすることは理解できましたが、もう1つの重要なポイントである「帯」についても、お話をしていきたいと思います。この帯は、先ほども説明した通り、「岩田帯」と呼ばれる帯になります。
岩田帯は、岩のように丈夫な赤ちゃんが産まれてきて欲しいという願いも込められていると言われています。そんな帯ですが、誰が用意するのか?気になるところ。
結論から言えば、自分で購入をしてもいいですし、どちらかの祖父母がプレゼントしても問題はありません。正式には妊婦側の両親や、仲人から贈られたものとされています。

ただ、昨今は仲人を立てる方は少なくなったこともあり、かなり曖昧になってしまった実情もあります。結果、用意したい人が用意するというような、合理的な状態になったわけですね。なかには、両家の両親から贈りたいと言われてしまい板挟み状態になってしまうこともあるようです。
したがって、しっかりと帯をどうするのか?を家族間で話し合っておくとよいでしょう。

おわりに

帯祝いは、赤ちゃんに対する初めてのお祝い事です。
また、安産祈願でもあるため、気持ち的にはお祝いをしておいた方がよいと言えるでしょう。先にも記載しましたが、安定期にも入り、行動範囲が広がる時期でもあります。
妊婦さんも何かとストレスが溜まっているので、気分転換の意味も込めて、お参りをすることをおすすめします。

参照リンク

http://www.suitengu.or.jp/anzan/