• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

懐かしの写真を見ていると…お宮参りを写したものが出てくるときがあるかと思います。両親、両祖父母とも、赤ちゃんを中心に絵に描いたような、幸せそうな顔で写っている写真ですね。

そんなお宮参りをするとき、大切にしたいことを少しお話していきたいと思います。赤ちゃんの晴れ舞台でもあるため、しっかりと対応をしていきたいところですね。

お宮参りの服装

まず服装ですが、当然、祝い着を着ることになります。父親はスーツではなく礼服で着用します。これが基本的な服装。
ですが、昨今は色々と考え方や文化が変わってきて、服装についても変化が見られます。

端的に言えば「黒色、または黒色に近いビジネススーツを着用し、軽く色や柄があるネクタイを締める」という変化です。
冒頭で記載したように、お宮参りというのは、写真にも残る記念行事でもあります。したがって、普通の礼服よりも個性を出したいと思う親が多く、このような変化が現れているわけですね。
ただ、あまりにもかけ離れた服装では、最悪、神社側から「入らないで」と断られてしまうこともあります。

神様がいる場所に足を運ぶわけですから、当然のことですよね。したがって、繰り返しになりますが、度が過ぎない程度、礼服に限りなく近いビジネススーツぐらいに留めておくことを強くオススメします。
そもそも、主役は赤ちゃんであり、神様に赤ちゃんを守ってもらうようお願いする場です。お願いするには、相応の服装で、キチンと礼節を持つことが大切ですよね。

親族間でしっかりと打ち合わせを!

服装については祝い着と礼服が基本と伝えました。その中で、祝い着で1つ注意点があります。
それが「家紋入りの祝い着を使用するのか?」という点です。
家紋入りというぐらいなので、代々伝わる祝い着になります。特に、父親が長男の場合は、その父親自身のお宮参りに使った祝い着を使うということも多々ある話です。

したがって、祝い着をどうするか?について、両家の両親としっかりと話し合って、打ち合わせをしておくことも重要です。
このとき、両家で衝突をするという話は、よく耳にします。お互いの思い、母親・父親の思いが入り乱って、このような状況になってしまうわけですね。

もし、このような状況になってしまったら、今一度、お宮参りがどのようなものなのか?を思い出してみてください。主役は赤ちゃんであって、目的は神様に挨拶をするものだということを。

何よりも大切なのは「赤ちゃん」「母親」の体調を優先すること

さて、服装や両家の思惑以上に大切なことがあります。それが「体調」について。お
宮参りをするために、色々と日取りを決めて前準備を行うことになるかと思います。それこそ、両家の日程を調整するなどが代表的です。

結果、非常に大変な作業になってしまうため、すこし体調が優れずとも強行しようとする方々がいらっしゃいます。それは間違いなのでやめましょう。
体調不良であれば、しっかりと治して改めて臨む方が赤ちゃんのためでもあり、母親のためでもあります。
赤ちゃんと母親の体調を第一に考え、出席する人全員が万全の状態で臨みましょう。

また、お宮参りとは、同じ日に多くの赤ちゃんたちがやってきます。その中に、体調不良の人がいれば、他の赤ちゃんにも影響を及ぼしかねません。
繰り返しになりますが、しっかりと体調を整えてから臨むようにしましょう。

おわりに

ここまで色々と注意点を記載しましたが、一般常識さえわきまえていれば、何の問題はありません。
赤ちゃんの人生の節目の1つではありますが、身構えず、普段通り、幸せな雰囲気で臨めばよいでしょう。

お宮参り後は写真や動画を撮って、楽しむのも大切なことなので忘れずに。
素敵なお宮参りになることを祈っております。

参照元

https://tamagoo.jp/childcare/first-event-omiyamairi-basic-knowledge/
http://www.gokigan.jp/hatsumiya.html
http://jinjakaikan.com/celebration.html