• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

赤ちゃんが生まれると、兎にも角にも色々と忙しくて、あっという間に時が経っていきます。
それこそ、気が付いたらつかまり立ちをし、暫くして歩き始めるということに。
だからこそ、節目節目でしっかりと思い出を残しておきたいところですよね。
その節目の1つが「お食い初め」になります。

あまり聴き慣れない「お食い初め」とは何か?

お食い初めは「おくいぞめ」と読みます。
漢字から察することができる通り、初めて食事をするときのお祝い事になります。初めての食事と言っても、赤ちゃんが、ごく普通のご飯を食するというわけではありません。
あくまでも、真似事をするだけで、用意した食事はお祝い後に参加した皆さんで食することになります。

では、いつお食い初めをするのか?
一般的には、生後100日~120日ぐらいを目安に行うと言われています。これは赤ちゃんに歯が生え始めるぐらいの時期を指します。
つまり、初めて歯が生えてきたときを見計らって、行うお祝い事なのです。
目的は、丈夫な歯が生えてくるようにとお願いをすることなので、このような時期に行うわけですね。

色々と「しきたり」はあるものの固くなりすぎず!

さて、このお食い初めですが、色々なしきたりがあります。
最たる例は、赤ちゃんにご飯を食べさせる(真似をする)順番です。

まず、お食い初めを行うために用意する料理ですが、一般的に「一汁三菜」となっています。
具体的には、お吸い物、魚、煮物、香の物、そして赤飯。
そして、食べる順番は「赤飯⇒お吸い物⇒赤飯⇒魚⇒赤飯⇒お吸い物⇒赤飯⇒煮物⇒赤飯⇒お吸い物⇒赤飯⇒香の物⇒赤飯⇒お吸い物⇒赤飯⇒歯固めの石⇒赤飯⇒お吸い物⇒赤飯」です。
これを読んでゲンナリしてしまった人もいらっしゃるかもしれませんね。

ただ、1つ頭に入れておきたいのは、しきたりに囚われすぎないで、臨機応変に対応していけばよいということです。
例えば、食べる順番はメモやスマホで表示して、順番に行っていけばようにするなどです。

また、ご両親も同席するのであれば、基本的には一番長寿の方が赤ちゃんにご飯を食べさせてあげるルールがあるので、任せてしまうのもよいでしょう。
兎にも角にも、固くなりすぎず、皆さんで一緒に祝って、かつ願ってあげれば問題はありません。

歯固めの石は何処で用意すればよいのか?

お食い初めの重要なポイントになる「歯固めの石」ですが、これは何処で用意すればよいのでしょうか?
こちらも先程お話した通り、言うほど固く考えないでも問題ありません。
ベストの選択は、お宮参りの際に神社から頂いたものを使うというもの。ただ、頂けない場合もあるので注意しましょう。

では、何処で用意するのか?
実は、その辺に落ちている石でも問題ありません(一応、見栄えぐらいは考慮して綺麗な石を選択することをオススメします)。
もちろん、消毒をしてから利用するようにしてくださいね。

このように意外と「粗い」部分もあるため、固くなりすぎず臨機応変に対応していけばよいですといえるわけですね。
繰り返しになりますが、歯固めの石は何処からか調達をしておけば問題はありません。

おわりに

お食い初めは、昨今、行う人は非常に少なくなってきているというのは、先程、話した通りですね。
「やらない」というのも選択肢ですが、せっかく代々伝わるお祝い事のため、可能な限りやっておいた方がよいのかなとは思います。

やはり「やった」「やらなかった」を比較したとき、間違いなく前者の方が「思い出」にも残ります。
ともあれ、日常とは少し違った感覚も味わえるため、お食い初めをぜひ赤ちゃんのためにも行ってみてはいかがでしょうか。

参照リンク

http://www.jinjahoncho.or.jp/iroha/otheriroha/shussan2/