• 新生児~幼児が生まれてからするお祝い事の一覧

七五三と言えば、子供の成長を祝う行事の中でも、誰もが知っている知名度の高いものです。詳しくは知らずとも、名前ぐらいは聴いたことがあるのではないでしょうか。
そこで、ここでは、そんな七五三「女の子編」として、色々な情報を発信していきたいと思います。

女の子の七五三

女の子の七五三は、3歳のときと7歳のときに行われます。最近では、数え年でも、満年齢でも、どちらでもよいという風潮になりつつあります。
あくまでも目安的な数字だったため、このような風潮になったのかもしれませんね。

七五三の紐の意味

さて、女の子の七五三の場合は、着物を着用して祝います。3歳のときも7歳のとき、いずれも着物が基本とされています。
ただ、注意したい点は着物の結んでいた紐を変えるということ。3歳のときは、付け紐と呼ばれる紐で結び方となり、7歳のときは、丸帯を使った結び方になります。
7歳という年齢は、昔の場合、成人と同じ位置づけで捉えている部分もありました。結果、成人の証、つまり社会の一員として人生を歩んでいくという意味も込めて丸帯を使用すると言われています。

女の子特有の注意するところ

また、女の子は、自立するのも早いと一般的には言われていますよね。幼少期は、男の子よりも生育が早いと言われているため、このような差が出てくるわけです。
7歳のときにはもう立派な子供であり、かなりしっかりした自我があります。
結果、中途半端な七五三をしてしまうと、グズってしまう子も多いです。例えば、フォトスタジオで記念撮影をするとしても、「可愛い貸衣装」を発見すると、もうそれじゃないと撮影をしない!と言ったようなこともあります。ある意味で、7歳の七五三の風物詩といったところでしょうか。

終わりに

親としては、可愛いと思うような貸衣装は大抵「お値段が高い」ので、避けたいところですが…。これも「プライスレス」と考え、奮発するのもよいかと思います。
一生残る写真となるため、ケチケチしないという考え方ですね。もちろん、ご家庭の事情というものがあるため、難しい面もあるかもしれませんが、一生のうちの晴れ舞台の1つと考えてみてはいかがでしょうか。

参照リンク

http://www.sumiyoshitaisha.net/celeb/shitigo.html
http://www.nnn.co.jp/life/161003/20161003206.html